葬儀社の特徴と葬儀の流れについて

できれば避けて通りたいのが葬儀の手配や段取りをきめる場面ですが、いざという時は人間誰しもに訪れます。

そんな時に、知識がなく、費用のことだけを考えて、葬儀を行い、大切な人と満足のいくお別れができなかったということは避けたいものです。ですので、葬儀については知っておく必要があります。

葬儀社の比較

いざ、葬儀を行う状況になって、葬儀社を選ぶのに、どこにしようか、またプランなど分からないことが多いと思います。

口コミなどで、評価の高い葬儀社を見ていきます。それぞれに特徴があります。ワンランク上のおもてなしなど、上質な葬儀場で、心に残るおもてなしでありながら、費用も、ほかの葬儀社と同等のコムウェルセレモニー。

利用した人の満足度が実に97パーセントという高い評価を誇る日冠。その人らしさを大切に、お花いっぱいの葬儀サービスの花葬儀。

ほかにも口コミの評価の高い葬儀社はあります。故人がどのような葬儀を望まれるのかをしっかり考え選ぶようにするべきです。

お通夜から告別式までの流れ

仮に故人をAさんとしますと、まず、Aさんの死亡診断書を医師が作成します。Aさんの家族や親族、働いていたのであれば職場へ知らせます。Aさんのごく親しい友人にも知らせます。

その後、喪主を決めます。一般的には、配偶者、長男などになります。病院などで亡くなった場合は遺体の搬送先を決めます。

そして、葬儀社を決めます。お通夜や告別式の日程は葬儀社と相談して決めていきます。遺体の受け入れを行います。遺体の搬送は葬儀社が行う場合が多いです。遺体を安置する準備を整えて、遺体を安置します。その後、お寺へ連絡して、枕経をあげていただきます。そして、遺体を納棺します。

その後、Aさんの友人、知人、職場など、Aさんのお付き合いを考え、どこまでお知らせするかを決めます。Aさんの死亡診断書を役場へ提出し、死亡届の用紙をもらいます。7日以内に役場へ提出します。

そしてお通夜、告別式での役割分担を決めていきます。そして、お通夜、告別式が滞りなく進むように親族で話し合います。以上が流れとなります。

料金の比較や、安く済ませる方法

まず、葬儀社によって葬儀プランも様々ですので、見積もりを取るということは重要な方法です。葬儀社のプランによっては、後で追加料金が発生するというケースもあります。

そこで、定額プランの小さなお葬式、イオンのお葬式などのプランは追加料金は発生しませんし、価格も葬儀の平均金額を大きく下回るプランですので検討するのも良いです。

【公式】葬儀社、お葬式のプランや費用まとめ