クレジットカード現金化する前に知っておきたい3つの注意点

カードローンやキャッシング枠がいっぱいでこれ以上お金を借りることができない、そんな人に利用されるのがクレジットカードショッピング枠を利用した現金化で、比較的簡単にお金を作れるというメリットがある反面、トラブルが後を絶たないというデメリットも多くなっています。

現金化を検討するのは切羽詰まった状況がほとんどとなるでしょうが、その前に3つの注意点をしっかりと確認しておきましょう。

1.現金化とは高い手数料を払って借金する方法

一時しのぎにはもってこいのクレジットカードの現金化ですが、勘違いしてはいけないのはクレジットカードの現金化で問題解決する可能性は極めて低く、結局高い手数料を支払って一時しのぎのために借金をさらに増やすことになるということです。

商品券にせよ、ブランド商品にせよクレジットカードのショッピング枠を利用して購入することになりますので、結局は借金ができない状況で新たな方法で借金しているにすぎず、働いて稼いだお金ではありませんので借金が減ることはなく結果的に借金を増やすことになるということを知らなければなりません。

2.クレジットカードが利用停止になる可能性も

クレジットカードを作成する際には、クレジットカード会社の規約に基づいて契約を交わしますが、この規約ではクレジットカードショッピング枠を転売目的で利用することは禁じられており、発覚した場合にはカード利用停止になる可能性があります。

クレジットカード会社が安定経営していくためには貸し倒れリスクを低く抑える必要があり、そのためには自己破産予備軍とみられる利用者にはなるべく利用してもらいたくないという会社としての方針があります。

クレジットカード会社としては、ショッピング枠を利用した現金化の常習者は自己破産予備軍としてみなしますので、様々な方法でショッピング枠の現金化をチェックしています。

例えば、利用されやすい新幹線の回数券を何度も購入していたり、現住所とは異なるエリアの新幹線回数券を購入しているケース、あるいは、全く同じブランド商品を複数個購入するケースなどでは怪しまれることになり、これらの場合にすでにキャッシング枠がいっぱいになっている状況だとかなりの確率でクレジットカード会社から確認の電話連絡があるか、いきなりカード利用停止になるケースもあります。

3.安易にネット上の現金化業者に依頼しない

ネット上には、驚くほど多くのクレジットカード現金化業者が存在しており、これらの現金化業者がいかに安心して利用できるかというステマがあふれかえっている状況です。

しかし、冷静に考えてほしいのですが、クレジットカード会社の規約上では禁止行為となっている現金化を危険を顧みずに顧客に勧めている業者とはどのような存在でしょうか。

その多くは、法人と名乗って入るものの法人化はしておらず個人が行っているケースがほとんどで、もちろん税金も払っていませんので事業者の住所は記載されていないケースも多く、記載されていても定期的に変更されたり、記載されている住所はバーチャルオフィスになっているようなケースがほとんどとなります。

中には反社会的団体からなる詐欺業者も存在しますし、仮に取引ができたとした場合でも最低でも30~40%前後以上の高い手数料が発生することは覚悟しておく必要があります。

安全な現金化業者一覧→安全なクレジットカード現金化の方法