合法、それとも違法?クレジットカード現金化の仕組みと方法とは

クレジットカード現金化の仕組みとは?

みなさんはクレジットカード現金化というものをご存知でしょうか。字面を見ると、クレジットカードを売却するといった危ない商売が連想されますけれども、今のクレジットカード現金化は、カード本体を売買するようなものではありません。クレジットカードの「ショッピング枠」を現金化するのです。

そもそもショッピング枠とは何かというと、そのカード1枚で使える金額のこと、買い物に使える額の上限のことです。たとえばショッピング枠が10万円となっていた場合、そのカード1枚で最大10万円分の買い物をすることができます。そのショッピング枠を簡単な仕方で現金に換えるのが、クレジットカード現金化というものなのです。

では、どのような仕組みで現金化がなされるのか。わかりやすくいえば、中古店との物の売買ですね。たとえばクレジットカードで1万円の商品券を購入したとしましょう。それを金券ショップに持っていき、7000円で売るとします。するとクレジットカードで買ったものが現金に換わるわけですから、これはある意味でショッピング枠を現金化したということになります。この例だと3000円損をしてしまいますが、このように、若干の損をしてでもとにかく現金が欲しいというときに、クレジットカードを使い、転売という形で現金を得るのが、クレジットカード現金化なのです。

カードで買ったものを売却するに過ぎないので、これは違法行為でもなんでもありません。使った分はいずれカード会社に返済しなければなりませんが、すぐにでも現金を手に入れられるという点で非常に便利です。消費者金融を利用するのとは違うため、審査などは一切ないというのも、クレジットカード現金化のメリットですね。

現金化をする方法とは?

現金化の方法
現金化をする方法は、専門の業者に依頼するか、自分で行うか、どちらかとなります。専門の業者というのは、わかりやすくいえば中古業者です。あなたがカードで買い物をして、それを業者に引き渡して、お金を振り込んでもらうという一連の流れを、わかりやすく説明しながら行ってくれます。

また、当然といえば当然ですが、クレジットカードの現金化は自分で行うことも可能です。たとえば発売されたばかりのゲームソフト、ゲームハードなど、中古店に持っていけば結構な額のつく物は色々とあります。もし仮に、1万円で買ったものを1万円で売ることができれば、それはキャッシングカードなどを使ってお金を借りたのとほぼ同じことです。

業者に依頼した場合には手数料を取られることがほとんどですから、自分で行う現金化には、高い換金率が見込めるというメリットがあります。が、その物が本当に高く売れるのか判断したり、自分で店に足を運んだり、一店舗に同じものをたくさん売ることはできないので、売却先を分散させたりと、色々と面倒なこともあります。業者に依頼するのも、自分でするのも、一長一短という感じで、どちらが良いとは言えません。

しかし、いきなり業者に依頼するのは怖いということであれば、まずは自分で、少額の取引をしてみるのも良いかもしれませんね。ゲームや本など、まずは安いものを売買してみてください。もしやってみて、自分でできそうだと思ったら、もう少し大きな額にチャレンジしてみると良いでしょう。そういうことをする暇がないという方は、業者を利用するのがベストです。状況に合わせて方法を選んでくださいね。

クレジット現金化優良店.com