妊娠中の女性は貧血になりやすい?貧血を予防・改善する方法は?

みなさんは、妊娠中の女性が「貧血」に陥りやすいことを知っていますか?

貧血を放置しておくと、赤ちゃんの成長が遅れたり、帝王切開の危険性が高まったり、出産後には子宮の回復が遅くなったり、母乳の出が悪くなったりします。貧血はあらゆる場面で、様々な悪影響をもたらすのです。

「最近そういえばめまいや立ちくらみがする」
「貧血を予防、改善する方法を知りたい」

そのような方も多いかと思います。そこでこの記事では、貧血の予防・改善方法をご紹介いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

どうして妊娠中は貧血になりやすいの?

妊娠 貧血
妊娠中の女性が貧血になる原因のひとつは、赤血球の不足です。赤ちゃんを授かっても、お母さんの体の赤血球の数は増えません。

しかし胎児の成長に必要な栄養を運ぶのには、大量の赤血球が必要となります。また、赤ちゃんの成長に大量の葉酸が必要なため、血液の材料(葉酸)が不足しがちとなります。

これによって血液中の赤血球濃度が低下し、赤血球内のヘモグロビンが酸素を運搬することが難しくなって、貧血が引き起こされるわけです。

加えて、妊娠中の女性は鉄欠乏性貧血になることもあります。これは文字通り鉄分の不足に起因する貧血のことです。

胎児の成長の過程で、胎児の血液がつくられていきますが、このとき母体内の鉄分が消費されます。そのため母体内の鉄分が不足し、酸素を運搬するヘモグロビンの造出量が低下して、貧血が引き起こされるのです。

つまり、貧血を予防したり、改善したりするには、葉酸と鉄分をしっかり摂る必要があるんですね。

鉄分入りの葉酸サプリもある?

サプリ 鉄分
葉酸と鉄分を別々のサプリで摂るのは、ちょっと面倒くさいですよね。

でもご安心ください。最近では葉酸と鉄分を一緒に摂れるサプリメントもあります。たとえばベルタ葉酸サプリなどがそうですね。

サプリメントには添加物が含まれていることが多いのですが、少量であれば摂取しても問題のないものばかりです。

たとえば粉状のものを固形物にするために使われるステアリン酸カルシウムは、大量に摂取しなければ体になんら悪影響のない安全性の高い添加物です。

ちなみに添加物は、お医者さんに処方してもらうお薬の中にも含まれています。何も気にせず飲んでいたという方も多いのではないでしょうか。

ですから、無添加のサプリはもちろん良いのですが、仮に添加物の入っているサプリメントを飲んだとしても、ほとんど影響はないとお考えください。

以上、妊娠中の女性が貧血になりやすい理由と、その予防・改善方法をご紹介いたしました。

みなさんも体の健康を保ちつつ、赤ちゃんとの対面を楽しみに待ちましょう。