青汁は本当にマズい!?現在の青汁事情とは?

青汁といえば、健康に良いイメージがありますよね?しかし、同時にマズいというイメージを持ち、飲むのに躊躇していませんか?青汁は体に良い影響を与える成分が豊富に含まれているので、マズいというイメージだけで飲まないのは本当にもったいないんです。

青汁が体に与える影響とは?

青汁 影響
青汁の主成分として有名なのは、ケールと大麦若葉、明日葉です。それぞれ栄養価が非常に豊富で、どの原材料の青汁を飲んでも栄養補給が出来ます。栄養補給の他に、青汁を飲むと脂肪燃焼などのダイエット効果、腸内環境が整えられることによる便秘改善効果、肌の新陳代謝を促したりする美肌やエイジングケア効果などが期待できます。

つまり、栄養補給だけでなく、美容から健康まで体に様々な良い影響を与えてくれるのが、青汁なんです。

青汁は本当にマズい?

青汁といえばマズいというイメージがつきものですが、近年の青汁には美味しい物も沢山販売されています。ハチミツが含まれて甘みが増していたり、フルーツや抹茶味に仕上げていたりと、単純に苦いだけの青汁というのはほとんど販売されていません。それでも苦みが気になる人は、原材料にケールが入っていない青汁がおすすめです。

ケールは「野菜の王様」と言われるほど非常に栄養豊富な野菜ですが、同時に苦みが強いのも特徴です。ケールが原材料の青汁は他が原材料の青汁に比べ苦くなりがちなので、飲みやすい青汁を求めている人は大麦若葉と明日葉が原材料の青汁を選びましょう。

青汁の美味しい飲み方とは?


青汁は他の飲み物と混ぜて飲むと、もっと美味しく飲みやすい飲み物になります。おすすめなのが、牛乳や豆乳で割る飲み方です。どちらも青汁の栄養を消すことなく、まろやかで飲みやすくなります。青汁だけでなく牛乳も豆乳も栄養豊富なので、子供に飲ませると成長に必要な栄養が一度に補給出来ておすすめです。

また、ヨーグルトに混ぜて食べるのもおすすめです。ヨーグルトの甘みが青汁の苦みを打ち消して美味しく食べる事が出来ますし、おやつ感覚で青汁を取り込むことが出来ます。青汁にハチミツなどをひと足しして飲むのも、青汁のうま味がそのまま感じられておすすめです。その他にも美味しい飲み方は沢山あるので、ぜひ色々なものに青汁を混ぜてみてください。

現在の青汁は美味しいものが多く、単純に苦い物はほとんどありません。もし苦みが残る青汁でもアレンジして飲めば、栄養価の高い青汁を美味しく飲むことが出来ます。その為、美容や便秘などで悩んでいる人、栄養が足りないと感じている人は、飲まず嫌いをせずに一度青汁を飲んでみてください。

あなたの抱えている悩みを、青汁がきっと解決してくれます。